先輩たちのサポートを得ながら、 自信を持ってチャレンジしたい。

設計
上本 優斗
YUTO KAMIMOTO

北陸の雨や雪の特性をよく知っているハウスメーカーならではの良さが決め手に。

絵を描くことが好きだったので、一時は本気で漫画家になることさえ考えました。ただ、もっと現実的な仕事を考えなければと進んだ建築の道。自分の場合、身内に大工さんがいたりと小さい頃から建築が身近だったこともあって、案外図面を描く仕事は自分に合っているんじゃないかと思い設計士を目指しました。ニューハウスとの出会いは合同企業説明会でした。多くの企業を見る中で県内No.1の実績や知名度・信頼性、北陸の雨や雪の特性をよく知っている地域密着型のハウスメーカーであることから、第一志望に決めました。

入社した時から目標の一つだった自分の両親が住む家の設計を担当。

入社当初は、人前で話すことがとても苦手で反省することばかりでしたが、先輩の打ち合わせに同席して話し方を真似てみたり、マンツーマンで直接指導も頂いたりして打ち合わせの数をこなすうちに次第に人前で話すことも気にならなくなり、堂々と提案できるように少しずつなってきました。印象深いエピソードは、入社当初から目標の一つだった自分の両親が住む家の設計を担当したことです。身内と言うこともあって、自分の思いも反映された理想の住まいに仕上がったと思います。

自分の役割を果たしながらチーム全員でお客様の家づくりに尽くしたい。

設計の仕事は、お客様に合ったプランを丁寧に描いていくことだけではありません。建築のスケジュールをしっかりと意識して、スピーディーかつ効率よく業務を進めて行くことが重要です。また、営業や工事監督と連携を取るということも、質の高い仕事を効率的に行なう上では重要です。設計が家づくりの良き潤滑油になれれば、住宅づくりの満足度はもっと上げられるのではないかと、常々考えています。そして、これからの住宅はただ建てるだけではなく、CO2排出の抑制や気密性を高めた省エネルギー設計など、環境への配慮を意識した規制が出てきているので、常にアンテナを張って設計をしていかなければなりません。ニューハウスの一設計者としてもっと成長し、家づくりのプロセスの中で課された自分の役割を果たしながら、チーム全員でお客様の家づくりに尽くしたいです。

キャリアパス

1年目
研修期間を終え金沢東支店に配属。
2年目~3年目
2級建築士の取得。初の担当物件を持つ。
4年目~
金沢支店に異動。

オフの過ごし方

基本的には買い物に出かけるか、家でゲームをしていることが多いです。冬にはスノーボードが趣味なのでゲレンデに滑りに行ったりしてリフレッシュしています。

学生の皆さんへメッセージ

ニューハウスには設計力の高い人が多数在籍しています。この設計力にこそニューハウスの家づくりのすべてが集約されていると思います。そうした環境に身を置くことで、自分を高めることもできますし、モチベーションも上がります。ハウスメーカーで設計の仕事をしたい、自由設計の家を自分の手で作り上げていきたいと思っている人にとって、ニューハウスは絶好のフィールドだと思います。

あなたのご応募をお待ちしています。