一度はやめようと思った3年目。 環境を変えたことで思い止まることができた。

営業
岡野 京平
KYOHEI OKANO

確かな実績と信頼。この家なら友達に勧められる。

まず、私が就活時に軸としていたこと。それは若くても実力次第でお金が稼げる仕事であること。インセンティブが発生する仕事でパッと思い浮かんだのが「保険」、「自動車」、「住宅」でした。その中で一番興味があったのが住宅だったという簡単な理由です。就職活動ではハウスメーカーからいくつか内定を頂き、最終的にニューハウスに決めたわけですが、判断基準となったのが「友達に売れる住宅なのか?」ということ。説明会の中で構造やアフターメンテナンス、地元で一番の実績を持つニューハウスの話を聞くうちに「この会社なら大丈夫」と入社の意志を固めました。実際に営業になってから年間2~3棟は友達の家を建てています。

気にかけてくれる上司がいて、環境を整えてくれる会社がある。

特に最初の頃はスキルがないのでとにかくやる気を見せて、契約をいただくしかありませんでした。早く一人前になるために必死に勉強していた覚えがあります。契約を取れるようになり出したのが2年目から。「岡野さんだから、ニューハウスを選びました」と言っていただけたり、引き渡し時に取るアンケートで嬉しいお言葉を書いていただけたりすることが多くなりそれがモチベーションに繋がっていました。ただ、3年目で一度営業を離れることになります。というのも一度本気で会社を辞めようと思い、それを上司に相談したところ「一旦現場を離れてみるか」と言われ、2年間ほど総務課に異動し採用担当をしていました。営業から一歩引いた環境で働く中で自分の中の視界が次第に開けてきて気持ちが軽くなりました。「もう一度やれるかも」そして、5年目に営業に戻りました。それから思うように契約が取れるようになり今では毎日楽しく営業ができています。気にかけてくれる上司がいて、環境を整えてくれる会社がある。ニューハウスはあったかい会社です。

各々の得意分野が活かせる環境づくりをしたい。

住宅営業は、お客様に提案するにあたって、ある意味何でも手を出せる分野だと思います。例えば、これは私の場合ですが今ファイナンシャルプランナーの資格を取るために勉強しています。生命保険や住宅ローンなどの資金計画についての知識を身につけていればお客様に提案ができます。これと同じように家電・携帯・趣味など生活に直結するものならなんでも良いと思います。営業各々が得意分野を持つことで、お客様への提案の幅が広がりますし、この人に任せたいとも思うので、住宅+αの提案ができる体制を社内で整えたいと考えています。

キャリアパス

1年目~3年目
金沢東支店営業課に配属。
3年目~6年目
総務部に異動。主に採用担当者として勤務。
7年目~現在
金沢支店営業課配属。営業に戻り活躍中。

オフの過ごし方

アウトドアが好きでキャンプや釣り、登山など、アクティブに過ごしています。仕事の時がオンでもないし、休みの日がオフというわけでもありません。いい意味で気持ちを楽にして仕事ができています。

学生の皆さんへメッセージ

10年前に私が入社した時は、入社して半年で現場に放り出され、「現場で学べ、現場から盗め。」的なかなり職人気質な会社だったと思います。しかし、教育体制が見直され今ではガラリと変わりました。会社としては「3年間で1人前」という長い目で見守っています。私も現在OJTの担当となって後輩に教えていますが、1年くらいはずっと打ち合わせ、商談に同行して学ばせています。先輩がサポートし方向を指し示してくれるので、安心して学んでいくことができます。

あなたのご応募をお待ちしています。